料金目安

お客さまからのご質問で多いのが、費用はいくらかかるのか?というご質問です。

 

事案によって、異なるため一番司法書士が困る質問ですが、お客さまにとって一番重要な情報ですので、

料金の目安をここでご紹介いたします。

 

報酬算定の基準になる要素

@不動産(土地・建物)の固定資産税評価額

A不動産(土地・建物)の筆数(個数)および管轄法務局

B相続人の数

C相続登記の申請件数

D取得書類の数・作成書類の数

@〜Dが高い・多いほど、その分報酬が増します。

@の固定資産税評価額×1000分の4は、法務局におさめる登録免許税になります。

 

参考ケース

父親が他界、相続人は母と息子1名。

不動産は、自宅の土地1筆・建物1筆で、すべてが亡き父親名義。

土地の評価額1500万円。建物500万円。名義は、遺産分割協議により、母か息子のどちらかの単有名義にする場合。

 

※戸籍等必要書類は、お客さまがすべて取得。遺産分割協議書は、司法書士が作成。代理人申請。


       費用総額  金16万58円(消費税込み)

       費用内訳  登録免許税および事前閲覧・完了後謄本取得代(実費)  

                金8万1628円

             報酬および作成手数料の合計                     

                金7万1300円

 

※ どうしても個々の案件により状況が違うため費用が変わってまいりますので、事前無料見積をおこないご納得のうえお手続きを進めさせていただいております。

登記申請に付随して生じる費用一覧

      手 続 き     手 数 料     必要になる実費
 事前閲覧費用(登記簿の閲覧)    いただいておりません  不動産1筆につき、334円
 登記原因証明情報の作成    
(売買・贈与・財産分与等) 
    10,000円       な し
 遺産分割協議書の作成    
(不動産のみの場合) 
    15,000円       な し
 遺産分割協議書の作成     
(金融資産等も含む場合)  
    30,000円       な し
 相続関係説明図の作成         5,000円       な し
 申 述 書の作成      10,000円       な し
 登記完了後、登記簿謄本の取得            1,500円  不動産1筆につき、480円

報酬目安一覧

 

※ この一覧表は、報酬の目安をお示したものです。

  個々の案件によって、不動産の個数(筆数)・管轄法務局・不動産固定資産税評価額・必要書類・作成書類・申請人数・難易度が異なるため、報酬および登録免許税が変わってまいります。

※ 詳細見積は、ご相談・お打ち合わせを受けてから確定、ご説明させていただいております。

メニュー 登記種類

報   酬

手 数 料

登 録 税

印 紙 代

不動産登記
→ 詳しくはこちら

贈  与

(2000万円)

49,800円

400,000円

抵当権設定

(3000万円)

39,800円 120,000円

抵当権抹消

(土地・建物)

10,000円 2,000円

住所変更

(土地・建物)

10,000円 2,000円
商業・法人登記
→ 詳しくはこちら
会社設立 90,000円 150,000円

役員変更

20,000円

10,000円

成年後見登記
→ 詳しくはこちら
後見申立 90,000円

案件により

異なります

公正証書遺言書作成

→ 詳しくはこちら

遺言書作成 35,000円

案件により

異なります

低料金の理由

低料金実現
4つの理由
理由1   徹底した低コスト経営

 私は、決して“カッコつけません!!

立派な事務所・綺麗な受付・豪華な応接セット・派手な広告・・・等

これらにかかる費用・運営固定費をお客さまの料金に転嫁するくらいなら、

必要最低限な質素なものですませて、その分お客さまに還元するのが本来あるべき姿だと考えます。 

 これは、当事務所の確固たる意志です。

理由2

業務用ソフト『権』

を採用  

       

    〜業務効率化を達成〜

 
理由3

オンライン申請を

積極利用

 

   〜普及促進減税の活用〜

 
理由4

相談・タイムチャージ制不採用

 

  〜相談時間をコストとは考えません〜

▲このページのトップに戻る